月刊日本語からいらした方はこちらへ!

2017年06月16日

養成講座は現場と乖離しているのか

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス


boxing-606193_1280.jpg

冒険家の皆さん、今日も冒険家養成講座で後進の指導にあたっていますか?

さて、実質的に文化庁による日本語教師養成講座の公認制度が始まりました。ごく簡単に言うと、今までは420時間やれば何でもありだったのですが、文化庁に示されている基準どおりの内容にしないと認可されず、認可されていない養成講座の出身者は有資格者として認められなくなるのです。(過去の修了者はどうなのか分かりませんが)

僕は文化庁に親しい人がいないのでこうした制度の背景にどのような認識があるのか分かりませんが、少なくとも日本語の教育の現場にいる人間の一人として、養成講座で日本語教育について学んできたばかりの人の言動がどうもおかしいと続きを読む
posted by 村上吉文 at 20:58 | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年06月11日

UBERに見る「つなぐこと」の価値

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス


taxi.jpg

冒険家の皆さん、今日もラクダ市場で砂漠を横断するためのラクダの品定めをしていますか?

【Uberの体験】
先日、外に家族で夕食を食べに行った帰りに、Uberを使ってみました。
Uberというのは、自動車の乗り合いサービスで、運転しない人にとっては「安くてハイテクなタクシー」と思っていいと思います。
続きを読む
posted by 村上吉文 at 03:01 | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加