2017年04月14日

多様性に対応しよう! 日本語教師の収入を上げるための一提案


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス


LIG_okanebaramakareru_TP_V.jpg

冒険家の皆さん、今日もダンジョンで宝箱を見つけてウハウハしてますか?

さて、ここ数日、行動中心アプローチと文型シラバスの違いについてネット上で多様な発言がされていますが、今日はちょっと視点を変えてお金に関する面から考えてみたいと思います。

ツイッターなどでは若い日本語教師のみなさんからかなりブラックな日本語学校の話も聞こえてきますが、その一方でこんな投稿もあります。



こうした見返りに応えるには、自分の強みを生かさなければなりません。そして、そのために必要なのが相手の行動を中心に考えるということではないかと思います。

まず、相手の行動を中心に考えるアプローチは続きを読む
posted by 村上吉文 at 10:39 | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加