月刊日本語からいらした方はこちらへ!

2015年11月30日

学習スタイル診断サイトを活用しよう!

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス


pic.png

冒険家の皆さん、今日も山奥の洞窟の中でお香を焚いて瞑想していますか?

さて、冒険家と一言で言っても、ヨットによる太平洋の単独横断に初めて成功した堀江謙一さんと、80歳でエベレストに登頂した三浦雄一郎さんでは、まったくタイプが違いますよね。三浦さんが船酔してしまうようなタイプだったら海での冒険はできないでしょうし、堀江さんが高所恐怖症だったら山には登れないでしょう。

ソーシャル・メディアを使って自律的に学習する冒険家メソッドの実践者の皆さんも、自分のタイプをよく知り、それにあった学習方法を選択する必要があります。自分に合っていない学習方法を選択すると、それに気がついた場合はすぐに方向転換できるからいいのですが、それに気が付かないと、単にその学習方法や教材が自分に合っていないだけなのに、何となく「英語の勉強っておもしろくないなー」などとモチベーションが落ちていってしまって、いつの間にか忙しい日常に紛れて学習自体から遠ざかってしまうことになります。まあ、僕自身にもそういう経験が何度もあります。

冒険家メソッドでは、学習を開始した時点で手当たり次第にいろいろな学習方法や教材をためしてみることを推薦しているのですが、それにはこうした背景があります。つまり、まずは自分に合った学習方法を発見するのです。

それでは、「自分」とは何なのでしょうか。

僕自身もこの分野は実際に僕とは違うタイプの独習者の話を聞くようになってから興味を持つようになったばかりなのですが、続きを読む
posted by 村上吉文 at 00:54 | TrackBack(0) | 日本語hacks! | このエントリーをはてなブックマークに追加