2020年02月23日

【#Zoom開設の冒険】 学級閉鎖対策のための緊急ワークショップ 2月26日 21:00

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス




冒険家の皆さん、今日もラクダに揺られて灼熱の砂漠を横断していますか?

さて、僕にとってはかなり衝撃的なニュースが飛び込んできました。

「「2019年度 教育の情報化推進フォーラム」開催中止のお知らせ」
https://www.japet.or.jp/johsbmdvx-964/

新型肺炎の影響で東京マラソンをはじめとする多くのイベントが中止や縮小などを余儀なくされていますが、この「教育の情報化推進フォーラム」も同じように中止を決定したということです。ただ、これが東京マラソンなどと違うのは、続きを読む
posted by 村上吉文 at 06:02 | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年02月20日

#Slackの冒険のご報告

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス




冒険家の皆さん、今日もラクダに揺られて灼熱の砂漠を横断していますか?

さて、昨夜は Slack の冒険にご参加下さりありがとうございました。
ここで得られた知見の一つとして、実は僕もそうだったんですが、 Slack の場合はアカウントの扱いが Facebook や Twitter などと違っているのでそこが混乱を招きやすいということが分かりました。
続きを読む
posted by 村上吉文 at 23:34 | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年02月17日

Slack開設ワークショップ 2/19 21:00 【学級閉鎖対策】

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス




冒険家の皆さん、今日もラクダに揺られて灼熱の砂漠を横断していますか?

突然ですが、日本時間で水曜日の午後9時から10時までSlackのワークスペースを開設するZoomのワークショップを開催します。事前に短いビデオを見てもらって、参加者はZoomセッションの時間内に作業します。僕はつまずいた人の質問に答えるだけ。いわゆる反転授業ですね。作ったワークスペースに相互に参加して投稿もしましょう。

これが必要だと思う理由はもちろん新型肺炎です。続きを読む
posted by 村上吉文 at 05:18 | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年02月16日

「#ICTその先対談」に参加して、日本語教育が必要な子どもたちを支援しよう!

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス




冒険家の皆さん、今日もラクダに揺られて灼熱の砂漠を横断していますか?

さて、日本は昨年、正式に単純労働者の移民制度を導入しました。今までにも増してこれからは、日本語を母語としない人たちに社会のさまざまな場面でお世話になることになります。

それにもかかわらず、日本語を母語としない人達への日本語教育のサポートは全く足りていません。続きを読む
posted by 村上吉文 at 13:37 | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年02月12日

モンゴルに学ぶ学級閉鎖対策

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス




冒険家の皆さん、今日もフタコブラクダに揺られて灼熱のゴビ砂漠を横断していますか?

さて、新型肺炎による犠牲者の数が残念ながら1000人を突破してしまいました。1日あたりの死者の数も高止まりしていて、まだ収束の気配は見えていません。僕は医療関係者ではないので、日本でどのぐらいの被害が今後出るのかはわかりませんが、少なくとも教育関係者が長期間の学級閉鎖に備えて、児童生徒が通学しなくても勉強を続けられる体制について学んでおく必要があるのはもはや間違いのない段階に来ているのではないかと思います。たとえ今回の新型肺炎が日本で大きな被害をもたらさないとしても、文部科学省が生徒達に一人一台のパソコンを供給しようとしている今、 こうした知識が無駄になることはありえません。

これは本当に偶然なのですが、先週の土曜日に海外日本語教育学会の研究例会で、モンゴルの日本語の先生方からまさにこうしたお話を伺う機会がありましたので、今日は関係する部分だけを抜粋して皆さんにご紹介したいと思います。続きを読む
posted by 村上吉文 at 12:06 | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年02月09日

教員のためのSlack超入門【学級閉鎖対策】

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス




冒険家の皆さん、今日もラクダに揺られて灼熱の砂漠を横断していますか?

さて、先日、「学級閉鎖になったらZoomというテレビ会議システムで授業の代わりができる」と書きました。でも、学校のように同じ場所にいるわけでなければ、連絡事項などは文字で知らせれば十分です。わざわざ同じ時間に顔を合わせて伝える必要はありませんよね。

また、読んだり書いたりする勉強は自分で静かにやりたい場合もあるでしょう。

教員にとっては、生徒や児童だけではなく、同僚の教師や、保護者等との連絡もわざわざZoomを使う必要はありません。と言うより、Zoomを使うには時間を合わせたり、Zoomのリンクを送ったりという連絡が必要になります。

そういった時に便利なのは、「ビジネスチャット」という種類のサービスです。僕はSlackというサービスを中心に使っていますが、日本ではチャットワークスというサービスも人気があるようですね。ビジネスチャットは文字を中心にしたコミニケーションですから、Zoomのように時間を合わせる必要がありません。

それで今日は、新型肺炎による学級閉鎖に備えて、Slackをどのように使うかを、ビジネスチャットを使ったことがない人向けに書いてみたいと思います。
続きを読む
posted by 村上吉文 at 09:55 | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年02月03日

オンラインEdCampマニュアルを公開します。

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス




冒険家の皆さん、今日もラクダに揺られて灼熱の砂漠を横断していますか?

さて、カナダでの僕の任期もあと3ヶ月を切ったところです。1年に4回あるオンラインEdCampも、前回のものが最後で、少なくとも僕の任期中にはもうありません。

思えば、続きを読む
posted by 村上吉文 at 22:17 | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年01月30日

オンラインで作文の添削をしましょう【学級閉鎖対策】

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス




冒険家の皆さん、今日もラクダに揺られて灼熱の砂漠を横断していますか?

さて、昨日のこのブログの記事では、伝染病が流行して学級閉鎖になってしまった場合、教室活動の代わりにどのようにビデオ会議システムを使えばいいかということを書きました。このように同じ時間に集まって作業をするものを同期型のコミュニケーションと言ったりすることもあります。それではわざわざ同じ時間に集まらなくてもいい種類の活動はどうすればいいでしょうか。続きを読む
posted by 村上吉文 at 23:08 | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年01月29日

学級閉鎖対策としての初心者のためのZoom入門

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス




冒険家の皆さん、今日もラクダに揺られて灼熱の砂漠を横断していますか?

カナダ時間では昨日ですが、「むらログ: 感染爆発による学級閉鎖にそなえよう」という記事を書きました。これは、その続きです。

モンゴルの日本語の先生から、「コロナウィルスで授業が3月まで中止になってしまい困っている。一方で遠隔授業でやれと言う指示も受けている。遠隔授業に使うツールは何がいいか」という質問をいただきました。

多分、あまりご経験のない先生がいきなり始めるとしたら、やはりズームがいいと思います。その理由は以下の通りです。
続きを読む
posted by 村上吉文 at 23:57 | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年01月28日

感染爆発による学級閉鎖にそなえよう

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス




冒険家の皆さん、今日もアンブレラ社の病原菌でゾンビ化された住民に見つからないよう、抜き足差し足忍び足で歩いていますか。

さて、昨日、武漢のコロナウィルスの感染者と思われる事例がカナダでも見つかりました(参照)。これでパンデミックと言われる世界的な感染の爆発がカナダでも現実味を持って受け止められてきています。

現在のところ死亡率は3%と言う事ですから、皆さんの学習者の33人が羅漢してしまったら、統計的にそのうち1人は死んでしまうという計算になります。

これは武漢のケースではありませんが、一般的な新型コロナウィルスでは全世界で6500万人の死者が出るという試算もあります。
Simulation of coronavirus pandemic months ago predicted millions dead - Business Insider https://www.businessinsider.com/scientist-simulated-coronavirus-pandemic-deaths-2020-1

さて、こうしたリスクが高まってきている今、僕たち教師にできることは、うがいや手洗いを学習者が皆さんに勧めることでしょうか。僕はまったく違うと思います。僕たちがしなければいけないことは、続きを読む
posted by 村上吉文 at 14:19 | 日記 | このエントリーをはてなブックマークに追加